自動車の軽量化と高強度化を両立する高張力鋼板の加工には、成形した後のスプリングバックにより形状を保持する難しさがありました。そこで私たちが生み出したのは、創業以来培われてきた金型設計技術と塑性(プレス)加工技術のノウハウを結集した、形状凍結技術です。これにより、加工した高張力鋼板の形状を保持することが可能となりました。

詳しくはこちらをご覧ください。