製品情報

製品の特色

prof_photo_bbp04.jpg

絞り・成形を主体とした鉄の塑性加工原理、18%(約2割)の負担に常に挑んでいます。
それを実現させるコンピュータシステム。
図面一枚から複雑な形状の3次元データを作成しスピーディに正確に処理します。
3次元加工データはネットワーク化により瞬時に各マシーンへシミュレーションします。  
難しい成形・絞りのノウハウの蓄積が「池永」の歴史であり、実績となります。

グッジョブアイコン.png
グッジョブアイコン.png
グッジョブアイコン.png

塗装鋼板の成形

ステン、ハイテン材の成形

プログレッシブ金型、トランスファー型、ロボットライン型

主な製作事例

自動車

オイルパン、タンク、マフラー、エキゾースト系、サスペンション・ロアーアーム、コンソール補強メンバー、シートフレーム関連、キャタリックコンバーター

その他各種補強メンバー

電器

洗濯機、ファンヒーター、レンジ、ガス器具、外装周辺部品

精機トップ車_青色.png
suspention.jpg
hokyou2.jpg
hokyou1.jpg
sheet.jpg
junsou1.jpg
junsou2.jpg
junsou3.jpg
eg1.jpg
oil.jpg
cata.jpg
cata_cover1.jpg
cata_cover2.jpg

サスペンション

・ロアアーム

異形絞り

コンソール補強メンバー

シートフレーム

​ハイテン材

順送プログレッシブ製品

エキゾースト関連

​ステンレス材

オイルパン

​深絞り

キャタリックコンバータ

​ステンレス材

マフラー小.jpg

マフラー関連

​ステンレス材

その他

各種補強メンバー

eg1.jpg
eg2.jpg
suspention.jpg
oil.jpg
kyuuyukou.jpg
sheet.jpg
hokyou1.jpg

エキゾーストマニホールド

従来のダイカスト部品をプレス金型技術を駆使し、異形プレス部品に置き換えコストダウンと軽量化に成功しました。

エキゾーストマニホールド

ステンレス材を加工し、成形しています。アッパー、ロアーの一対で溶接されマニホールドとなります。トランスファープレスで生産されております。

サスペンションメンバー

形状落差が大きく、成形性の難易度の高い製品です。440N/mm²のハイテン材です。

オイルパン

CAE解析を駆使し、材料割れを防ぎ120mmの深絞りを可能にしました。

給油口部品 異形深絞り

深絞りの上、複雑な形状のため、異形深絞り成形技術を問われる部品です。トランスファープレスでの生産になっております。

シートフレーム

自動車の軽量化と高強度化を両立する高張力鋼板の加工には、成形した後のスプリングバックにより形状を保持する難しさがありました。そこで私たちが生み出したのは、創業以来培われてきた金型設計技術と塑性(プレス)加工技術のノウハウを結集した、形状凍結技術です。 これにより、加工した高張力鋼板の形状を保持することが可能となりました。

補強メンバー

590N/mm²のハイテン材の成形品です。寸法制度の厳しい条件を満足しております。

hokyou2.jpg
cata_cover1.jpg
cata_cover2.jpg
cata.jpg
junsou1.jpg

補強メンバー

440N/mm²のハイテン材の成形品です。500TONトランスファープレスでの生産です。送り治具も同時に生産し納品しております

キャタリックコンバーターカバー

t=0.5の薄板異形絞りです。凹部形状が中にありますが、シワ、割れ対策に成功しております。

キャタリックコンバーターカバー

キャタリックコンバーターの熱害対策カバーで、t=0.4の薄板異形成形です。割れとシワの対策に成功しております。

キャタリックコンバーター

キャタリックコンバーターのステンレス部品です。従来は2部品だったものを本部品に置き換えて、低コストに貢献しております 。

順送型製品

順送プレス部品です。落差のある品物で、バラつきを抑えることと、送り性を達成することに成功しております。

junsou2.jpg

順送型製品

4mmの厚板順送プレス部品です。多工程成形により、板厚の減少を最小限に抑えることに成功しております。

junsou3.jpg

順送型製品

自動車足周りの順送プレス部品です。成形性の難易度が高いうえ、各工程での姿勢転換に成功し、生産性の向上に貢献しております。